New York Penta Hotel




以前のNew York Penta Hotel時代のStarionery
こうして見ると非常に良く出来ていますね。
もっとこういったかわいいデザインのStationeryが欲しいもの。
いまはPentaから独立系になって名前も変わったのですが、
ビジネスフロアの宣伝がふるっています。
The Penn 5000 Club is the perfect business destination.
なんでアメリカ人ってこうも図々しいのでしょう
当然、ホテルの紹介文にもthe world’s greatest city – New York. だの
心ある外国人が見たらカチンと来る事間違いなし。
これを読んで心底笑える人は英国人とフランス人だろうなぁ。
このホテルに泊まって色々とおかしい思いもしていたので
わたしも思わず苦笑いですよ。
ついでに担当者はどのツラ下げて書いたんだかって思いました。
Web予約のCheck Availabilityを押すと異様に重いし…..
バックにNew York New Yorkを流す前に
予約機能をきちんとしないと意味ないよ?
最近、フラッシュやJavaを使っているサイトが多いですが
予約サイトや金融機関は使わない方がいいですよ。
それよりも軽いトップページを作るように心がけた方がいいと思いますよ。
ちなみに航空会社で使いやすいのはBritish Airways
欧州経由南米や北米の料金もキチンと出てきますし、
軽いし使いやすい。 予約サイトの見本のようなサイトです。

このホテルの話に戻りますが、
ホテルにはWeb上の自信満々な文章とは違って、
全然魅力がありません…..
まずホテルマンの言ってる事、行動は全く整合性もありません。
いざ、間違えた鍵を渡しても謝る前に旅券を見せろとまず要求。
それで再度作った鍵もまた間違えてる事も良くある話。
(これは北米の駄目ホテルに共通している事ね)
部屋に行けばセーフティーボックスなし、 部屋は狭い、水回りは汚い、
暖房や冷房をつければうるさいの三拍子。
うるさいのは場所柄しょうがないのですけどね。
夜中に道から響くポリスや救急のサイレンの音を聞くと
わたしはあぁニューヨークねぇって思いますが皆様はどうでしょう?
まぁ、ニューヨークにはこの程度のオツムの足りない?
ホテルは高い安いに関わらず沢山ありますから
キーキー言うほどの事でないのも事実なんですよ。
確かに、場所は便利ですし、 客室数が多いので予約がとりやすいのは利点。
とはいえど、客室数が多いせいか、
予約課もろくに確認もしていないから
オーバーブッキングが多いのも事実。
比較的安い値段帯(でも他都市から比べたらぼったくり価格)ですが
他にもましな選択肢はあるでしょう。



ニューヨークペンタホテルは ホテルペンシルバニアに名前が変わりました。

New York Penta was renamed Hotel Pennsylvania.

ホテルペンシルベニア
Hotel Pennsylvania
401 Seventh Avenue New York, N.Y., 10001-2062
Map
Website

About these ads

1件のコメント

  1. ろば

    "自信満々な文章"に大ウケしました。(なんか…北米を出たことがないのね?かわいそう…って思ってしまいます.きっと比較対象がOmaha辺りなのよ…)

  2. writing.materials

    ろば様わかっていただけて嬉しいわぁ。本当に馬鹿みたいなホテルだったの…..それでいて自信満々な紹介文ではいはいすごいねオマハオマハって感じになりますわよん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中